「ほっ」と。キャンペーン


キャンプフェス"響の森CAMP"主催。CAMP MANIA PRODUCTS代表。<注意>当ブログの画像および文章の無断転載を禁止します。NEVAERまとめへの転載も禁止とさせていただきます。


by bryans-cafe

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
ブログ
CAMP☆MANIA products
GIFU CAMP MANIA
テント&タープ類
>moss
>MSR
イス&テーブル類
>Byer
ランタン&ライト類
バックパック&バッグ類
クーラーボックス&ジャグ
バーナー&グリル類
シュラフ&マット
ウェア&シューズ
調理小物、ナイフ類
テーブルウェア類
>RAFFIAWARE
アウトドアBOOKS
アウトドアその他
響の森CAMP2013
響の森CAMP2012
響の森CAMP2012spring
響の森CAMP2011
キャンプ2013
キャンプ2012
キャンプ2011
キャンプ2010
キャンプ2009
ピーコックバス
アマゾン釣行・ギア編
フィッシング・ギア
釣行記
アマゾン釣行2008
ハワイ釣行2013
ハワイ釣行2012
ハワイ釣行2011
ハワイ釣行2010
ハワイ釣行2009
ハワイ釣行2008
ハワイ釣行2007
ハワイ釣行2006
VANAGON奮闘日記
ガレージブランド
未分類

リンク

ブログジャンル

アウトドア

お気に入りブログ

Twitter

タグ

以前の記事

2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 04月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 05月
2007年 03月
2006年 10月

人気ジャンル

GRUMMAN 15FT

ひとつの究極。

人生の後半に選ぶギアは、「普遍的なモノ」が多い事に気づかされます。

83's GRUMMAN / 15' Double End Canoe (Lightweight) × 91's VANAGON

f0210098_1584517.jpg





ご存知、アメリカの航空機メーカーであるグラマン社が手掛けたジュラルミン製のカヌー。

頑強にして実質剛健。

まさに名作。

何よりもジュラルミンの美しいカーブが素晴らしい。

その美しさから、今もなお多くのマニアックなファンが国内外に存在します。

デザインもさることながら、惹かれるのはそのスペック。

全長457.2cm、全幅90.8cm、最大積載重量294.4kg、総重量25kg

他メーカーのFRP製で27kgほどのモデルも存在しますが、この2kgの違いが相当大きい。

一人でカートップする事も多いので、重量はとても重要。

このグラマンのカヌーには15ftの他にも、13ft、17ftなど多くのラインナップが存在します。

自分がメインで行っている、トップウォーターフィッシングの世界では13ftが人気です。

それは19kgという軽量を誇るからなんですが...

わたしは、愛車ヴァナゴンとのサイズ的な相性も考えて15ftモデルをチョイスしました。

いずれは家族3人で乗りたいですしね...

今一番の夢は、嫁と息子を乗せてゆっくりとトップウォーターフィッシングをする事!!


実はこの艇...

出所を偶然知っていて、大阪の釣り好きな紳士が83年に錦ロイヤルでご購入。

数々の傷やへこみを見ると、相当大切に使っていらっしゃったことが伺えます。

その後、一度は違う方の手元に渡り、現在はわたしが受け継いだ。という感じです。

これからは...

わたしがたくさんの傷を増やしながら、我が家の思い出を刻んでいこうと思っています。


80年代をピークして日本に輸入されたグラマンのカヌー。

今ではビンテージカヌーと云うことになりますが、ジュラルミン特有の味わいがありますね。

エアーストリームやリモワにも通じるものがあります。

実は、現在も生産していているんでアメリカ本土で買えるんですよね。

f0210098_15415088.jpg


ただ、現行モデルはいろいろと仕様が変更されているようですね?

15ftモデルの総重量も、なんと6kg増の約31kgになっています。


カヌーも様々で、ナバロやマッドリバーなどのカナディアン。

釣り用として人気が高いシットオンタイプ。

車内に積み込める、組み立て式のカヌー。

折り畳んでバックパックで移動できる軽量インフレータブルなど千差万別です。

自分の好みで幅広くチョイスできるのは、とても素敵ですね。
[PR]
by bryans-cafe | 2013-09-24 17:08 | アウトドアその他